薬剤師求人クリニックランキング

クリニックの薬剤師求人を効率的に探すには

薬剤師の勤務先としてクリニックも人気があります。さらに高額給与や福利厚生の充実した好条件求人を探すには、転職支援サイトの登録が近道です。

有名なところではリクルートが運営するリクナビ薬剤師がおすすめです。薬剤師の求人数は35000件以上で非公開求人も多数保有していますので、ほかでは探せないような希少案件もきっと見つかりますよ。

クリニックの薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 おすすめ度 運営会社
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア
【当サイトがお勧めするポイント】
・全国で求人数は35000件以上。薬剤師専門の転職サイトではトップクラスの求人数です。
・クリニック求人はもちろん、大手薬局や稀少な製薬会社まですべての薬剤師求人を網羅。
・これまで多くの転職支援の実績があるリクルートが母体だから、コンサルタントの質が違います。
希望条件と違っている案件でもコンサルタントが交渉してくれるので、自分の条件を叶えやすい。
最短登録後3日後に転職を実現することができる。スピード転職を目指す薬剤師の方はココ。
・他の転職支援サービスサイトでは巡り会うことができない、非公開求人も豊富に所有。
毎日30件以上の新着求人を更新。全国各地の新しい求人をいち早くキャッチできる。
・8割以上の利用者が、自分の希望通りの転職先に入職できたという満足度が高いサイト。



マイナビ薬剤師 ★★★★ 株式会社マイナビ
【当サイトがお勧めするポイント】
・就活サイトNo.1で有名なマイナビグループが運用している薬剤師専門の転職支援サービスサイト。
年間の利用者数は驚きの200万人以上。多くの医療従事者がマイナビ薬剤師を選択しています。
・日本全国に拠点オフィスを展開し、47都道府県すべての求人を保有しているサイト。
現場で働く薬剤師の方にしっかりとヒアリングしているから、現場の本当の姿を見つけられる。
・求人の質。紹介のスピード。条件の交渉など、すべての面においてレベルの高い総合サイト。
利用する転職希望者の利益を最優先に考えてくれるサイトだからこそ、利用者や実績が高い。
・薬剤師の転職サイトは後発ながら、利用者数と実績はNo.1。質の高い転職サービスをしている証拠。
・求人数も業界トップの36000件以上。非公開求人は14000件。量質ともにトップクラス。



ヤクジョ ★★★★ ジェイネクスト株式会社
【当サイトがお勧めするポイント】
ヘッドハント会社からの太いパイプを各業種に持っているのがウリ。コンサルタントは精鋭揃い。
入職後の離職率は、たったの1パーセント。それほどにミスマッチがない優良サイト。
・ヤクジョにしか委託されていない独占求人を多数保有しているため、登録していて損はないサイト。
市場に公開されないハイグレードな案件が多く、登録しなければ見れないので登録してみるべき。
入職後のアフターフォローに定評があるサイト。条件面の違いがあれば、再交渉をしてくれる。
・年収アップやキャリアアップなど、良い条件の転職成功をするための転職ノウハウが豊富。
・元ヘッドハンティング会社の知識を活かし、採用者側が欲しい人材の情報を多く提供してくれる。



薬キャリ ★★★★ エムスリーキャリア株式会社
【当サイトがお勧めするポイント】
エムスリーキャリア運営のサイト。個人情報の取り扱いにも長けているから安心。
クリニックの薬剤師案件など稀少案件に強い。他の医療サイトも運営している。
・非公開求人数は業界トップクラス。ここだけの案件が豊富なので、登録しておくべきサイトのひとつ。
・働きたいクリニック名が判明していれば、コンサルタントが出向き人材斡旋の交渉をしてくれる。
・転職支援業界では少ない大手企業のひとつ。エムスリーキャリアは信頼度が違います。



ファルマスタッフ ★★★★ 株式会社メディカルリソース
【当サイトがお勧めするポイント】
大手の日本調剤グループが運営する転職サイト。薬剤師の心が分かっているのは当然。
・薬剤師の実情や悩み、不安などを把握しており、かゆいところに手が届く転職サービスがウリ。
・業界最大級クラスの求人数を誇る。優良非公開求人も多数に保有。お勧めです。
・キャリアコンサルタントは、厳しい基準をクリアした人材を厳選しているのでサービスの質が高い。
・薬局を経営しているからこそ、薬剤師業界の現状がリアルタイムで取得することができる。
薬局だけではなく、大規模病院から、小さなクリニックへの転職支援まで、幅広い求人がウリ。
対応スピードや要望に対してのレスポンスの丁寧さは、他の転職支援サイトよりも良いと評判。
・薬剤師業界の課題や転職市場の変化など、つぶさに情報を取得できるから登録していて損はない。



クリニックの薬剤師求人の仕事の内容は?

薬剤師の転職先というのは、非常に多岐に渡ります。その転職先のひとつの選択肢としてクリニックへの転職というものがあります。当然にそれぞれの業種によって、仕事の内容から求められる役割まで、変わってくることになりますから、転職に失敗しないためにも、情報収集をしておくことは、とても大事な作業になってくるのです。

現在では、以前と比べ、医薬分業というものが進んでおり、一般病院内であったり、クリニックで働く薬剤師というものは、調剤薬局勤務となることが多くなり、病院の外へと出て行くようになりました。現在、病院施設内で薬剤師として働く場合には、医学部が附属しているような大規模な病院施設か、地域医療の中核を担っている中大規模の総合病院、また調剤薬局を近隣に持たない個人クリニックの3つは主な転職先になります。

基本的にどんな業種への転職をしても、薬剤師の仕事というものは、調剤業務がメインになってきます。6年という長い期間で学んできた豊富な薬学の知識というものに裏打ちされた的確な調剤業務を行うことができないと、クリニックなどでの薬剤師として仕事をしていくことはできないでしょう。薬を調剤し、患者さんへと配布するという薬剤師の基本的な在り方は時代が変わっても変わることがないのです。

また クリニックの薬剤師の場合には、調剤業務にプラスして、製剤業務が加わることが多いと思います。個人クリニックという医業の在り方は、それぞれのドクターの医療の考え方や携わり方が違っているという特徴を持っているものです。処方する薬に関しても、従来の製薬会社から決められた薬を調剤するのではなく、そのクリニック独自の薬を安全性と有効性というものを充分に検証しながら製剤をし、患者さんへと渡すという作業が加わります。

こういったものの他にも、一般病院の薬剤師や調剤薬局、またドラッグストアとは違ったクリニックで働く薬剤師の仕事内容の違いというものは存在していますから、リクナビ薬剤師を代表とするような、薬剤師専門の転職支援サービスサイトに登録をし、相談してみるのが一番でしょうね。仕事内容というものを把握できていないと、転職後のミスマッチを感じさせる大きな要因になってしまいます。またそのクリニックによっても、任される業務内容というものの範囲は違ってくることが多いですから、転職を希望する前に、しっかりと確認をしておきたいポイントだと言えるのではないでしょうか。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師求人クリニックランキング All Rights Reserved.